宅建望星会とは

会旗宅建望星会は、東海大学付属熊本星翔高等学校(2012年4月より、東海大学付属第二高等学校から校名変更)卒業生の不動産業、建築業等の宅地建物取引業に従事する会員の交流を目的として1992年(平成4年10月)初代会長田中氏以下17名にて発足しました。

東海第二高校卒業生の宅地建物取引業に従事する方なら誰でも入会することが出来ます。

年数回の会合・勉強会等を開催し、会員同士の情報交換、共有を目的とし、会員相互の親睦を深めています。

入会方法/お問い合わせ先

宅地建物取引業に従事する東海大学付属熊本星翔高等学校/東海大学付属第二高等学校卒業生であれば誰でも入会できます。

入会希望の方は、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

写真でみる学び舎の歴史

旧校舎

通称「Y字校舎」と呼ばれる旧校舎

旧校舎一号館

旧校舎一号館

旧3号館

旧3号館

体育館

昭和57年に落成した体育館。

現在の校舎

平成15年度に完成した新校舎

現在のグラウンド

現在のグラウンド

新校舎内

新校舎内

校旗

写真の一部については、東海大学付属熊本星翔高等学校の許諾を受け、学校ホームページより転載しています

Web Site Produced by Project RiM